借金150万円の効率的な返済方法を教えます!

借金の返済を借金でまかなおうとするのはバカのすることですよ!

ちょっとしたきっかけでキャッシングでお金を借りるようになり、気づいたら限度額の50万円まで借りていた・・・

そのキャッシングではもうお金が借りられないから、2社目に申し込んで、新規融資をしてもらう・・・

その後、あれよあれよと借金がかさみ、気づいたら他社借入4社以上・・・借金の合計額は150万円以上・・・

こういったことは、実はよくあることなのです。

借金を重ねるうちに、お金を借りることに対する免疫がなくなり、どんどん借金が増えていってしまう事例です。

普通のサラリーマンやOLが他社借入4社以上、借入額の合計が150万円以上となると、多重債務者となり、もうどこの会社もお金を貸してくれません。

仮に、お金を貸してくれる会社があったとしたら、それはかなりの確率でヤミ金業者の可能性があります。(ヤミ金業者の見分け方は後ほど解説します)

なので、もうどこからもお金を借りられないと思って下さい。

でも、毎月の返済は待ってくれませよね?

そんな時にオススメなのがローンの借り換えです。

ローンの借り換えをすれば、合計借入額を融資してもらい、今までお金を借りていた既存の業者に一括返済できます。

つまり、複数社から借りていたお金を1社から借りるということです。これをローンの借り換えを呼びます。

ローンの借り換えには以下の3つのメリットがあります。

  1. 返済日が月1回になる。

  2. 実質年率が低くなるので利息額が減る。

  3. 1社のみの借入れなので計画的に返済できるようになる。

では、次にローンの借り換えをやっている業者を紹介します!

ローンの借り換えをやっている業者

ローンの借り換えというと、資金力があって大口融資ができる銀行の「おまとめローン」がメインになります。

しかし、銀行は審査が厳しい上、審査に時間もかかる傾向があります。

もし、アナタが急いでいて、借金の総額が500万円以下なら「中央リテール」をオススメします。

基本的に、お金を融資するという仕事は銀行だろうが、消費者金融だろうがやっていることは同じです。せいぜい、限度額と実質年率に差が出るだけです。

しかし、審査に落ちてしまうと、どんどん信用情報が汚れます。

ですから、審査が厳しい銀行ではなく、審査が柔軟な「中央リテール」でローンの借り換えをすることをオススメします。

実際、中央リテールは他社借入4社以上、借金が150万円以上ある人を専門に借り換えローンをやっている会社です。

あなたが信用力の高い大企業社員や公務員だったら銀行のおまとめローンでもOKです。

また、おまとめローン専用ではなく、通常ローンとおまとめローンの両方をやっている金融機関に対しては、ローンの借り換え(おまとめローン)をしたいことをはっきりと伝えるようにしましょう。

パソコン、スマホから365日24時間申込できます。

ローンを借り換えできる会社
会社名 融資額と実質年率 特徴
東京スター銀行 おまとめローン
30万〜1,000万円

5.8%〜14.8%
来店不要で保証人不要。
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
イオン銀行のネットフリーローン
30万〜700万円

4.8%〜13.5%
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
中央リテール
融資まで早いからオススメ

〜500万円

10.95%〜13.0%
他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。
審査は最短2時間、融資は最短1日。
相談窓口の担当者は全員が国家資格取得者。

日本貸金業協会 会員

ヤミ金業者の見分け方

他社借入4社以上、借金150万円以上ある人に対して、ローンの借り換え以外で融資すると言っている業者はヤミ金業者の確率が高いです。

では、ヤミ金業者の見分け方を説明します。

まず、一番分かりやすいのが実質年率です。2010年6月に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃されました。

そのため、実質年率の上限金利が20%になりました。

つまり、実質年率20%以上でお金を貸している業者は法律に違反しているので、ヤミ金業者ということになります。

次の方法としては、登録情報から正規の業者かどうかを見分ける方法です。

正規の業者は日本貸金業協会の協会員ですし、貸金業を行うには登録を受けなければならないので、登録番号を持っています。

ですから、上記のページで「協会員番号」や「登録番号」から検索することで、正規の業者かどうかを見分けることができます。

おすすめサイト